ブログトップ

オールドレンズとカメラ

oldrenz.exblog.jp

レンズとカメラの記録



Nikon W-NIKKOR (L) 35mm F2.5(黒帯)
発  売     昭和27年(1952年)
 構  成     4群6枚
 画  角     62度
 最小絞り      F22
 最短撮影距離   0.9m
 フィルター径   43mm
 重  量     115g(黒)
このレンズはガウス型のレンズ設計で、当時しては最も明るいレンズであり、かつ比較的安価であったため非常によく売れたレンズと言われています。


[PR]
by oldrenz | 2013-02-18 15:07



ゾンネタール 50mm Mライカマウント
Mount NO.170
4群5枚 Sonnar型
重量 190g
口径 55mm
f1.1~16
0.8~∞
開放では美しいフレアーがあり、ガウス型とひと味異なる独特な柔らかい描写が得られます。
絞るにつれフレアーは緩やかに減じf11.8で消失しコントラストは大変高くなります。


[PR]
by oldrenz | 2013-01-30 17:51
1953年に発売され、その解像力に「空気さえ写る」と評された
製造本数   60,680本
製造年 1953
レンズ構成 6群7枚
絞り羽根枚数 10枚
最短撮影距離 1m
フィルター径 39mm
絞 り    F2 2.8 4 5.6 8 11 16
画 角    45度
重 量    255g



Summicron 5cm F2 沈胴 M9-P
[PR]
by oldrenz | 2012-09-25 10:33 | Summicron 5cm F2
焦点距離 35mm
レンズ構成:3群4枚
絞り値 F3.5-18(NO-クリック)
絞り羽根枚数 10
最短撮影距離 1メートル
フィルター径 36mm
サイズ 46mm(最大径)×15mm(長さ)
重量 110グラム
絞りは大陸式


ライツ社初の広角レンズ、1930年に発売。
ライカレンズの中で最も小さいレンズの一つ。初期はニッケルメッキで後にクロームメッキになった。

Nickel Elmar 3.5cm f3.5 (L) R-D1s
[PR]
by oldrenz | 2012-09-16 13:46 | Nickel Elmar 3.5cm f
焦点距離/21mm
レンズ構成/6群8枚
最小絞り/F22
画角/91°
絞り羽根枚数/10枚
最短撮影距離/0.5m
大径/φ55mm
全長/25.4mm
重量/136g
■画質を徹底的に追求
■ボケ味にもこだわった描写性
■超軽量コンパクト



[PR]
by oldrenz | 2012-09-13 20:37 | COLOR-SKOPAR 21mm F4
2003年3月コシナが最初にベッサLと一緒に発売したLマウントレンズで距離計連動しない目測専用レンズです。

レンズ構成 5群7枚
絞り羽根枚数 10 枚
焦点距離 25 mm
最短撮影距離 0.7 m
開放F値 F4
最大径×長さ 49.5x29.5 mm
フィルター 39 mm
重量 90 g


[PR]
by oldrenz | 2012-09-13 20:00 | Snapshot-Scoper 25mm
フォカを作ったのは、OPLという会社である。1919年(大正8年)、グラモン(Gramont)という公爵が創設した。彼の母はロスチャイルド家の縁につながる男爵家の姫君である。華麗な貴族の企業が生み出したカメラは、どことなく気品が漂う。
1940年、第2次世界大戦でフランスはナチスドイツに攻め込まれ、パリを占領された。有力な光学メーカーであったOPL社も、ドイツ軍のための光学兵器を生産させられていた。しかし、OPL社の技術者達はドイツ軍の目を逃れて、密かに精密カメラの設計を進めていた。
1944年、連合軍によってパリが解放されると、OPL社は秘密裏に設計していたカメラの生産に着手した。レンズ交換は出来るがライカマウントとは互換性がない。
開放ではふわっとした描写、少し絞るときりっとしまります。この描写がいかにもフランスらしいのかと思います。


[PR]
by oldrenz | 2012-09-06 18:14 | FOCA OPLAR 50mmf3.5(
1931年
製造本数:9646本
シリアル:ナンバー無-350000
レンズ構成:3群6枚
最小絞り:f18
最短撮影距離:1メートル。
フィルター径:36mm
フード:FIKUS(12530)



[PR]
by oldrenz | 2012-09-06 14:19 | Hektor 5cm F2.5
シグネット35のエクター44mm F3.5は、古くからよく写るレンズとして定評がある。
特に赤と黄の発色が特徴的で、派手すぎず、かといって地味でもなく、独特の渋みと濃さが魅力的。
中央部のシャープネスにすぐれ、F5.6まで絞ると実に鋭い。
人によってはキング・オブ・エクターレンズと呼ぶほど、エクターのテイストを味わえるレンズ。
シグネット35のエクターをEマウント改造してある。
マウント部分は汎用パーツを組み合わせており、いわゆるブリコラージュで製作したもの。
このレンズについては



[PR]
by oldrenz | 2012-08-31 14:52 | Kodak Ektar 44mm F3.
ミノルタ Aマウント
レンズ構成 8群8枚
焦点距離 24mm APS-Cボディ使用時 36mm
絞り羽根 7枚
最小絞り F22
最短撮影距離 0.25m
最大撮影倍率 0.16倍
フィルター径 55mm
フード 花形バヨネット式
大きさ(最大径×長さ) φ65.5×44mm
質量 約215g


MINOLTA AF24mm F2.8+NEX 5N
[PR]
by oldrenz | 2012-08-30 11:44 | MINOLTA AF24mm F2.8