ブログトップ

オールドレンズとカメラ

oldrenz.exblog.jp

レンズとカメラの記録

<   2012年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

シグネット35のエクター44mm F3.5は、古くからよく写るレンズとして定評がある。
特に赤と黄の発色が特徴的で、派手すぎず、かといって地味でもなく、独特の渋みと濃さが魅力的。
中央部のシャープネスにすぐれ、F5.6まで絞ると実に鋭い。
人によってはキング・オブ・エクターレンズと呼ぶほど、エクターのテイストを味わえるレンズ。
シグネット35のエクターをEマウント改造してある。
マウント部分は汎用パーツを組み合わせており、いわゆるブリコラージュで製作したもの。
このレンズについては



[PR]
by oldrenz | 2012-08-31 14:52 | Kodak Ektar 44mm F3.
ミノルタ Aマウント
レンズ構成 8群8枚
焦点距離 24mm APS-Cボディ使用時 36mm
絞り羽根 7枚
最小絞り F22
最短撮影距離 0.25m
最大撮影倍率 0.16倍
フィルター径 55mm
フード 花形バヨネット式
大きさ(最大径×長さ) φ65.5×44mm
質量 約215g


MINOLTA AF24mm F2.8+NEX 5N
[PR]
by oldrenz | 2012-08-30 11:44 | MINOLTA AF24mm F2.8

構成 5群6枚
画角12°2/3
最短撮影距離 180cm
フィルタ径φ67
絞り 3.5-4-5.6-8-11-16-22
外寸(mm)φ77.5×121.5
重量(g) 800
マクロ *
備考 AEG レンズフード内蔵式


Carl Zeiss Tele-Tessar 200mm F3.5 T*+NEX 5N
[PR]
by oldrenz | 2012-08-21 13:01 | Carl Zeiss Tele-Tess
製造 旧東ドイツカール・ツァイス・イエナ社
M42-Mount
レンズ構成は6群7枚
絞り羽根枚数6枚
レンズ重量355g
最小絞りF22
フィルタ径φ77mm
最短撮影距離 18cm


Carl Zeiss Jena Flektogon 25mm F4+NEX 5N
[PR]
by oldrenz | 2012-08-20 18:21 | Carl Zeiss Jena Flek
焦点固定式、
全長31mm、最大径31.7mm、
重量88g、
ボシュロム アニマー25mm/2.7は焦点固定式で、どちらかと言えば廉価版の16mm用標準シネレンズです、
焦点は無限で固定され距離調整リングが無いので、
マイクロフォーサーズで使う場合にはCマウントネジを弛めてフォーカシングするのが一般的な使い方ですが、
弛めすぎたり締めつけるのを忘れてレンズを落してしまうのが心配な人にはおすすめできないレンズです、
バルコートのおかげなのか描写は頗る良いです、開放2.7と暗めなのでボケも楽しめます、


ボシュロム アニマー25mm F2.7+E-PL1
[PR]
by oldrenz | 2012-08-16 09:15 | ボシュロム アニマー25mm F2.7
画角 45°
レンズ構成 3群4枚
最短撮影距離 1m
フィルター径 A36(19mmφ)
大きさ/重量 110g
製造年/本数 1924年~1959年/365,852本(エルマー総数)


ご存じライカの標準レンズとして、名高いエルマーである。
それまでのエルマーと比較して、距離スケールが鏡胴に移り、鏡胴からマウント部に被写界深度目盛りが移り、赤色で刻印されている。
日本で赤エルマーと呼ばれていたのが、海外でもそのままレッドスケールと呼ばれるようになった。
写りはすこぶる現代的な写りをする。

Elmar 5cm f=3.5赤 エルマー+Hawks M-E ヘリコイド付マウントアダプタ+NEX 5N
[PR]
by oldrenz | 2012-08-10 18:28 | Elmar 5cm f=3.5赤 エルマ
マウント A/α
焦点距離 50mm
F値 F2.8, F32
最短撮影距離 0.2m
レンズ構成 6群7枚
絞り羽根 7枚 (円形絞り)
サイズ φ70×60mm
重量 315g
フィルタ経 55mm
NEX+LA-EA2使用



MINOLTA AF MACRO 50mm F2.8+ LA-EA2+NEX 5N
[PR]
by oldrenz | 2012-08-08 18:40 | MINOLTA AF MACRO 50m